Manhattan院・Online診療・人間ドック:212-365-5066  Westchester院:914-305-8630
English
English
stop_covid19

日本への検査証明書対応 新型コロナウイルスPCR検査実施中

弊院は日本へ渡航される方々向けに新型コロナウイルスのReal time RT-PCR検査を実施しております。検査は鼻咽頭内の液を綿棒で取る鼻咽頭検査の他、唾液を検体とする唾液検査を実施しております。唾液検査の場合、ご希望に応じてキットをご自宅へ郵送いたしますので、ご自宅で検査を実施することも可能です。検査受診後翌日に検査機関に検体が到着してから24時間前後で結果が出るため、日本に入国する条件として挙げられている搭乗前72時間以内の検体の検査結果を得ることができます(ただし搭乗前72時間の間に土日祝日を挟んだ場合検査結果が間に合わないこともございますので、事前にご相談下さい。)

Real Time RT-PCR 検査

日本語でオンライン診察可

出国前検査証明発行

他国へ渡航する場合の陰性証明発行も内容により対応致します。

詳しくはこちら

コロナウイルスの感染が世界で拡大する中、一次診療を担う弊院に何ができるか考え、たどり着いたのがオンライン診療です。
弊院はオンラインで、患者様が新型コロナウイルスの検査を行う前に、どの程度症状にリスクがあるか、スマートフォンやPCなどのビデオカメラと音声を基に診察致します。

症状次第で陽性反応でも自己隔離

新型コロナウイルスの検査を行い陽性が出てもご症状が軽ければ特定の期間、ご自宅等で自己隔離、療養し、対症療法を行うこととなります。状況や担当医の判断にもよりますが、陽性が出た場合でも、治療薬がないことや入院施設が不足するため、自己隔離との判断になります。陰性が出たとしても潜在的な懸念から、自己隔離となる可能性も否定できません。

そこで弊院ではコロナウイルス感染の疑いや症状があっても、検査をご案内する前に診察し、ご症状が軽い場合は対症療法と自宅での療養をお勧めし、重症化リスクが高い患者様に、新型コロナウイルスの検査に関するご案内を行っています。

大事なのは自分の症状がどの程度か把握すること

現在NYでは、想像を超える数の方々がコロナウイルスの検査を受け、治療を行っています。そのような中、ご症状が軽い状態でも、まず新型コロナウイルスの検査を希望する多くの問い合わせが寄せられています。しかし、あまりに早い感染拡大により、検査・治療双方に不可欠なPPE(防護服、グローブ、マスク)が不足し、医療資源が追い付かない「医療崩壊」の危機が迫っています。
ご症状がより悪化している患者様を優先して治療を行うためにも、コロナウイルスの検査をご希望頂く前に、ご自身の症状がどの程度のものかまずその評価をしませんか?

まずはご相談下さい

熱やせきなど、気になるご症状がございましたらまず、弊院のような一次診療を担うプライマリケア医(内科、小児科、家庭医療科等)にご相談下さい。

NY, NJ, CT, MA州にてオンライン診察受付中 212-365-5066

ご注意 新型コロナの医療費について

3月18に施行した連邦法” H.R.6201 – Families First Coronavirus Response Act“によって、コロナウイルスに関わる治療費について各保険会社が患者様の自己負担がないようにするよう定めております。この法律により、各保険会社がそれぞれコロナウイルスに関わる費用を免除する声明を出しております。ただし、弊院は米国医療保険のNetworkに加入しておりませんので、Out-of-networkの補償内容が適用となります。Out-of-networkのコロナウイルスに関わる治療費については、保険会社によって対応が異なって参りますので、保険会社へご確認の程何卒宜しくお願い致します。

212-365-5066