診療科目

Services

家庭医療(総合診療/内科)

家庭医療科とは一次診療の専門家として、日本でいう内科、小児科、婦人科、耳鼻咽喉科、皮膚科、アレルギー科の診察を行います。

家庭医療

プライマリケアとは、体調が悪い時に、初期診療をする医師の事を言います。一般診療内科医や家庭医学科医(ファミリードクター)がそれに当たります。中でも、ファミリードクターは乳児から高齢者まですべての年代の患者さんを診察します。

プライマリケアを担当する医師プライマリ・ケア・フィジシャン:PCP)は、一般的な検査・治療を行いますが患者さんの病状によりさらに専門の検査・治療が必要と判断した場合、それぞれの専門科(皮膚科、循環器科、整形外科、耳鼻科等)を紹介します。アメリカでは、PCPを決めておくのが一般的で、PCPは患者さんに重大な病気が発生した場合の対処法をアドバイスし、スムーズにコーディネートしてくれる役割もあります。

一般診療科 / 家庭医学科 / 内科 / 小児科 / 婦人科
プライマリ・ケア医は眼科や皮膚科、及びアレルギー科に関する診療も行います。

ご注意1:上記に記載されていない診療科でも、当クリニックの医師が初期診療を行い、適切な専門医を紹介いたしますので、お気軽にご相談ください。

ご注意2:日本で使われている『プライマリ・ケア』という言葉には、アメリカとはニュアンスの違いがあります。

家庭医療科

アメリカでは日頃からご家族が掛かりつけになっている医師のことを『ファミリードクター』と呼び、基本的にはどのような症状の場合でもファミリードクターにまず診察してもらいます。ファミリードクターは手術や、専門治療を受ける必要があるかどうかを判断し、必要に応じて適した病院や、専門医を紹介したり、入院や手術の手続きなどを行います。したがって日頃からご家族の病歴や健康状態を十分に把握し、健康管理を任せることの出来るファミリードクターを持つことは、安心してアメリカ生活を送るためのファーストステップです。

内科

家庭医学科が大人から子供まで広く担当するのに対し、アメリカの内科医は大人の健康管理を総合的に行っています。高血圧、糖尿病、高脂血症といった生活習慣病の管理をはじめ、癌、心疾患、脳疾患の予防と治療、そして目や耳、精神病、婦人科といった専門分野についてもご相談いただけます。

婦人科

女性の病気、例えば月経などの悩み、婦人科健診など、女性の不安、お悩みに対応致します。

TOP
212-365-5066